梅雨の西丹沢 雲海の檜洞丸〜犬越路〜用木沢出会

梅雨の山行計画は難しい。
天気予報と格闘しながら2転3転し、最後に辿り着いたのが雨予報の西丹沢。

地元神奈川の山であり、山頂までほぼ樹林帯で雨を凌げるツツジ尾根を選んだ。
当初の計画である北アルプス・テント泊から随分変わってしまったが。

檜洞丸2020

ゴーラ沢出会いで渡渉し、ポツポツ雨のなか檜洞丸へ向けて登り始める。

檜洞丸2020-2

汗が吹き出るほど暑かったが、常に緑が視界にあって気持ちよかった。

檜洞丸2020-15

檜洞丸山頂付近。
犬越路方面へ少し進んだところから一気に視界が開ける。
ここからの景色が以前から好きだった。

初めての丹沢縦縦走は13年前の秋。
真冬の積雪時もここから写真を撮った。西丹沢の中でも随一の絶景ポイントだと思う。

今日は雲海が広がっていた。

檜洞丸2020-4

檜洞丸2020-5

 

檜洞丸2020-16

犬越路へ。誰もいない静かなトレイル。

檜洞丸2020-12

登山道にやたらとせり出してる草。針を持っており、避けながら歩かないとチクチクと痛い。
こいつの正体はアザミだった。

檜洞丸2020

ヤタ尾根分岐。
ここを降りていけば神ノ川ヒュッテへ。まだ歩いたことはないが丹沢奥地への登山道。

犬越路へはまっすぐ尾根沿いを進む。

檜洞丸2020-6

いくつかのハシゴ、鎖場を通過する。

檜洞丸2020-11 檜洞丸2020-10 檜洞丸2020-9

笹の多いトレイル。
1本道に誘導されながらひたすら進んで行く。

檜洞丸2020-8

 

檜洞丸2020-7

犬越路に到着。ここで小休憩。
以前、大室山からの下山時にも来たことがあった。
神奈川の景勝50選に選定されているが、そこまで景勝地とは思っていない。

ここからの用木沢への下山路はジメジメしていて暗い。
下り切ると沢に出る。

檜洞丸2020-13

最後に迎えてくれた用木沢はとても綺麗だった。

檜洞丸2020-14

 

久しぶりの西丹沢。
この周回コースは丹沢の良い所が詰まっている。
春のツツジも綺麗だけど、梅雨にくるのもまた良かった。

 

 檜洞丸 (ツツジ新道~檜洞丸〜犬越路〜用木沢出会)  山行概要

日程    : 2020年7月日24日
メンバー  : 4人
主なピーク : 檜洞丸(1.601m) , 犬越路(1.060m)
合計距離  : 約12.1km
行動時間         :    6時間00分 (標準CT 6時間25分)

【 コースタイム 】
08:00 西丹沢自然教室  –  08:30 ゴーラ沢出会い   –   10:40  檜洞丸 11:00   –   11:20  ヤタ尾根分岐   –  12:30  犬越路  –  13:30 用木沢出会  –  14:00  西丹沢自然教室

 

 

この記事はどうでしたか? お気軽に感想をどうぞ!
  • 素晴らしい! (3)
  • 参考になった (0)
  • 行ってみたい! (0)
  • 懐かしい (0)
  • 読みました (0)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT

*