三浦アルプス トレラン 森戸林道~乳頭山〜田浦梅林

浦アルプスを走ってきました。
遅く起きた日曜日の朝。天気は上々。登山へ行くには既に遅い時間だ。

そこで自宅からなら丹沢より近い三浦半島へ。
以前から気になっていた三浦アルプス。

駅から登山口までのロード、山中、下山後から駅までのロード。
全て走り切ってみようとトレランに初挑戦。

山で走るなんて数年前まで考えられなかったんですが(笑)でも最近走る気持ち良さに気づいてしまった感もあり。毎日走り込んでいる訳でもないのでまぁ無理せず楽しんで行こう!という程度です。

三浦アルプスの概要と所在地

三浦アルプスは、逗子市、葉山町から横須賀市にまたがる標高200m前後の山域です。
主なピークは二子山(207m)、乳頭山(202m)、畠山(205m)、阿部倉山(156m)、仙元山(117m)など。

森戸川の源流を抱き、三光鳥、オオルリなどの渡り鳥も目にする事ができるそうです。
こんなにも都心・駅から近いのに自然豊かな姿が残されている貴重な森。

登山適期は、秋から梅雨入り前まで。(10月〜5月末ぐらいまででしょうか)
真夏は低山の為、猛烈な暑さ、薮の多さに加えて蛇やスズメバチなど命に係わる危険生物が活発になっています。
三浦アルプス地図

コースタイム付きのMAPは京浜急行発行のこちらがわかりやすいので参考にしました。

 

12:20  JR逗子駅 スタート

JR逗子駅に到着。かなり遅めの時間にスタート。
まずは森戸林道入口まで約3kmのロードです。

三浦アルプストレラン1505

走り始めてすぐ京急新逗子駅を横目に通り過ぎて行きます。
いきなり失敗に気付いたのは、自宅からはJR線より京急の方が近いので
京急新逗子駅で降りればよかったんだ。ちょっとの差なんですけどね。

国道311号線沿いに南下し桜山隧道のトンネルを抜けていく。

三浦アルプストレラン1505-1

トンネルを出たら長柄交差点手前で左折、
住宅街を真っ直ぐ進む。前方に森が見えてきた。

三浦アルプストレラン1505-2

川久保交差点を渡り旧道の奥へ。森戸川沿いに細い道を進んでいく。
途中にお花畑があったり。

DSC06099

だんだん道が細くなり、さらに奥へ行くと森戸林道入口。
ここまで車で来ることも出来ます。今日は車とバイクが数台ありました。

三浦アルプス森戸林道1505

門を抜けるとフラットな1本道がずっと続く。
森に光が差し込み、とにかく走りやすく気持ち良すぎる道だ。

三浦アルプス森戸林道1505-1

キラキラ眩しい森戸川。

三浦アルプス森戸林道1505-2

 

三浦アルプス森戸林道1505-3

奥へ進むと、バードウォッチャー、野鳥撮影の方がたくさんいました。
邪魔しないようにゆっくり歩いて通ります。
確かに鳴き声がたくさん聞こえるけど。何を狙っているのか。

三浦アルプス森戸林道1505-4

すっごい数の人。。有名ポイントなのか。

三浦アルプス森戸林道1505-5

人混みエリアを通り過ぎ再び走り始めたころ、綺麗な青い鳥が目の前を飛んでいった。
美しい瑠璃色(るりいろ)のオオルリだった思うけど、野鳥に詳しくないのでわからない。

時折風も吹き涼しかった。頭上には常に緑のカーテン。
森戸林道もいよいよ終点になり、ベンチのある小さな広場に。

この広場から道が分かれる。今日は中尾根方面へ。
そしてここから先の道、ガラッと様子が変わります。

三浦アルプス森戸林道1505-6

中尾根から乳頭山を目指すので、まずは北へ進む。クネクネと細い道が続く。
足下にはシダも増えてきた。ジャングルを想像してしまう。

三浦アルプス森戸林道1505-7

どんどん幅が狭くなるトレイル。道の半分は削られていて踏みはずしたら沢へ落ちてしまいそうだ。
でもボーボーに成長した雑草に隠れて見えにくい。慎重に進む。若干藪漕ぎ状態。

短パンに生足だけど。虫も多いし蛇出てきたらどーすんだ。ポイズンリムーバーを忘れて後悔。

クモの巣も増えてきた。でも踏み跡はきっちりとある。
途中、小さな分岐点。道標も無い。そろそろ東へ行けなければと分岐を右へ曲がった。
これが思いっきり間違えだった事に後で気づく。

こんな道がずっと続いた。

三浦アルプス森戸林道1505-8

何回も渡渉する。そして導かれるように沢の奥へ奥へ。
三浦アルプスというより三浦アマゾンと呼びたい。方向感覚も失う。この辺は走る事ができなかった。

三浦アルプス森戸林道1505-11

ジャングルの様な道。

三浦アルプス森戸林道1505-10

ザレたトラバース。トラロープを掴まないとここは危ない。
でもロープあるという事は道は合っているのか!?

三浦アルプス森戸林道1505-9

そのまま沢を詰めていったら、なんとなく登山道らしき道をみつけたので沢から外れて登る事に。
最近の登山では経験した事のない程の急斜面を登る。幸いここにもロープが張られていた。

登り詰めて明るい所に飛び出すと、立ち入らないように黄色いロープで区切られた向こう側(行ってはいけない側)から出た。
どうやら中尾根と南尾根の間の南沢を詰めてきたらしい。地図にも載ってない道だ。
いきなりバリルートっておいおい。

三浦アルプス乳頭山1505-3

今日初めてみた立派な道標。
ここは乳頭山の山頂直下の分岐点でした。

三浦アルプス乳頭山1505-4

ようやく中尾根に合流できた。本当はこの尾根から来る予定だったんだけど。
工事用具があるのは現在、送電線の改修工事中の為、ヘリの荷下ろし用の台らしい。

三浦アルプス乳頭山1505-2

階段を少し登れば乳頭山の山頂に到着。
狭い山頂にたくさんのハイカーがいた。ここは展望が良いので休憩場所にはちょうど良い。

三浦アルプス乳頭山1505-5

野島方面。

三浦アルプス乳頭山1505-6

ランドマークタワー。みなとみらい方面。

三浦アルプス乳頭山1505

少し景色を眺めたら休憩せずにそのまま下山へ。
先ほどの分岐に戻り田浦梅林へ。

さっきのジャングルと比べれば、驚く程走りやすく軽快に降りていく。

三浦アルプス乳頭山1505-7

あっという間に鉄橋。
ここの下は川ではなく、、

三浦アルプス乳頭山1505-8

高速道路の上を走ってます。

三浦アルプス乳頭山1505-9

そのまま田浦梅林の頂上部分へ入った。
道標も味があるなぁ。たくさん山載せ過ぎだし。

三浦アルプス田浦梅林1505

そして海を眺めながら下り坂。まわりはたくさんの梅の木。
来年の3月に訪れたい場所が1つできたな。

三浦アルプス田浦梅林1505-2

そして階段を全て降り切ったところ。田浦梅林の入り口。

三浦アルプス田浦梅林1505-3そして16号まで出て最後のラン。
狭い歩道を走りトンネルを抜け、一軒家のような外観の京急安針塚駅でゴール!
そのまま京急ストアに駆け込み冷え冷えのビールでお疲れさま。
途中走れない場所以外は、12kmのコースを走り切りました。

三浦アルプス田浦梅林1505-4

このコースを行ってみて感じたのは、森戸林道終点より奥へ入ると小さな分岐点が多い為、道迷いしやすいです。
低山といえど、狭い樹林帯の為、方向感覚を失いやすく特にコンパスは必要でした。もちろん地図、日暮れを考えてヘッドライトも必携ですね。

滑りやすいトラバース、ロープ箇所もあり。トレイルは藪で見えにくく細い。
迷った時に求められる判断力。無数の細い沢。尾根道。
フィールドの規模は小さいながらも短時間でプチアドベンチャーが楽しめます(笑)

もちろん今日の逆コースもありだし、二子山経由の周回コースもできるし、
迷った分岐点にもう一度行って確かめたいし、何度も通いたくなるエリアでした!

 

 三浦アルプス 森戸林道~乳頭山 山行概要

日程    : 2015年5月17日(日帰り)
メンバー  : 二人
主なピーク : 乳頭山  202m
行動時間  : 2時間25分(休憩無し)
合計距離  : 約12.3km

【 コースタイム 】
12:20 逗子駅  –  12:45 森戸林道入り口   –   13:10  森戸林道終点   –  14:00  乳頭山  –  14:15 田浦梅林  –  14:30  田浦梅林入口  –  014:45 京急安針塚駅

三浦アルプストレランコース1505

この記事はどうでしたか? お気軽に感想をどうぞ!
  • 素晴らしい! (28)
  • 参考になった (22)
  • 読みました (2)
  • 行ってみたい! (2)
  • 懐かしい (1)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT

*