白峰三山縦走(北岳~間ノ岳~農鳥岳) DAY1 北岳山荘でテント泊

北岳  標高3,193m。(日本第2位)
間ノ岳 標高3,189m。(日本第4位)
農鳥岳 標高3,026m。(日本第15位)

北岳から間ノ岳を越えて農鳥岳へ。
標高3,000mを越える雲上の縦走路。

1309北岳-21
北岳に前回挑戦したのは2010年の夏。
2日間とも天気は崩れてしまい、雨、濃霧、暴風の為、山頂目前で断念するしかなかった。

また天気の良い日にくればいいや、その時は白峰三山縦走だ。
と想いをよせつつ、あっという間に3年間が経ってしまった。

白峰三山縦走コースについて

北岳から南下して農鳥岳まで縦走する場合、北岳へのメイン登山口は広河原になるかと思います。
今回は農鳥岳の下山口にもなる奈良田に車を駐車し、そこから早朝発のバスで広河原まで移動する事にしました。

広河原をスタートして北岳登頂後、北岳山荘で1泊。
2日目に間ノ岳を登頂し農鳥岳まで縦走、大門沢下降分岐から奈良田まで降りるという縦走コース。

通常は2泊3日のコースなので2日でやり切るのはややハードスケジュールだ。
1日目に農鳥小屋まで行ければ2日目はかなり楽になる。でも荷物も重いんでそこまで辿り着くのはきつそうだし、北岳山荘で富士山見ながら1泊したいしな~。

3日あると確かに楽なんですけどね。でもちょっと時間を持て余してしまいそう。
念のため予備日を1日設け、2日目を行けるところまでがんばる事にしました。
2日目で下山できない時は、大門沢小屋で1泊して3日目に即下山というのもありとして。

前回と違い天気予報も問題なさそう。ようやく来た縦走のチャンスです。

6:30  広河原到着

広河原に到着すると、快晴の青空と北岳が見えた。
早く歩きたい。テンションあがってしまいます。

1309北岳
広河原からは、登山者が続々と出発していく。
二俣まで快調に飛ばすも、細い登山道では先が詰まって進まない程の渋滞もしばしば。

樹林帯を抜け出し、北岳を見上げながら登って行く。

2013二俣まで
二俣到着。
ここから二手に分かれるが、前回は左俣コースから登り八本歯のコルから行ったので、今回は右俣コースを選択。天気は超快晴で暑い。それでも足取りは快調に思えた。

1309北岳-6

1309北岳-11森林限界に達する。
紺碧の空。次第にまわりの山々も見え始める。

1309北岳-12鳳凰三山をバックに。

2013鳳凰三山を背に

甲斐駒ケ岳。遠くには八ヶ岳も。

1309北岳-14ナナカマドの実も真っ赤。

1309北岳-2仙丈ケ岳。

1309北岳-15
右俣を登り切ったところは絶好の休憩場所。
展望も良く風が吹き抜け、めっちゃ気持ち良い。

1309北岳-7

1309北岳-3鳳凰三山。

1309北岳-13
北岳肩の小屋を目指す。
なかなか良いペースだ。もしかしたら農鳥小屋まで行けるんじゃないか?

1309北岳-16

1309北岳-17北岳肩の小屋で軽食と小休憩。
テント場からは鳳凰三山が良く見えていた。ここで1泊も贅沢だな~。

そんなにゆっくりしてはいられないので早々に出発。

北岳山頂手前。
この辺りがら足の様子に異変が。ペースが急激に遅くなる。
太腿もかなり痛くなってきた。

1309北岳-8

 

12:30  北岳山頂到着

ようやく北岳山頂到着。
3年前は山頂直前で諦めただけに嬉しさもまた大きい。

今日こうして快晴の時に来れたので、やり切れなかった想いが全部吹っ飛んだ。

1309北岳-19

北岳山頂からの富士山。
日本第二位の高峰から眺める日本一の山。特別な景色だ。

1309北岳-20

北岳山頂で軽く休憩するも、足の痛みはひどくなるばかり。
特に下りはきつくて、1歩1歩が激痛だった。

恐らく広河原からの序盤、ペースを飛ばしすぎたのだ。
いつもの日帰り登山と同等か、それ以上の速さで歩いてきた。
荷物が重い上に、いきなり登りから始まるので体が追い付いていなかったのだ。

焦らずゆっくり歩けばいいものを、
「もしかしたら農鳥岳までがんばって行っちゃおうかな」なんて考えていたのが甘かった。

膝がガクガク、超スローペースで下ってます。

1309北岳-9

北岳山荘が見えた!
そして間ノ岳へ続く白峰三山の稜線。ビューティフォー!!

1309北岳-21

1309北岳-22嫁は大分先に到着して僕を待っていた。
ぐらぐらの足元を引きづりながら、「今日は北岳山荘でゆっくり休もう」と決める。
当たり前だ、これ以上歩くのは無理にきまっている。

 

ようやく見えた!北岳山荘。
201309北岳山荘の景色

 

 

14:00  北岳山荘到着 テント設営

今日は連休だけあって既に多くのテントで埋まっていた。
山荘よりちょっと下った所の良い場所をなんとか見つけた。斜めだけどしょうがないか。
景色は抜群によかった。

1309北岳-23

テント張り終えて、夕飯前のビール。
お疲れ様~乾杯! プシュッ!!
最高の時間。

さっき登ったばかりの北岳を眺めながら。

1309北岳-24

景色最高の場所にテント張れました。

201309北岳山荘のテント場

痛めた足をマッサージしながらゆっくりと休む。明日に備えて。
夕飯は生野菜たっぷりの鳥塩鍋。〆はラーメン。

2013北岳山荘の食事
寝ないで運転してきた疲れもあってか、いつも眺める星空を見る余裕なく就寝。
夜中3時には起床予定だ。

 

翌朝 4:00出発

翌朝。真っ暗闇のなかテントを撤収。
風がやや強く寒い。予定通り4時に北岳山荘を出発した。

昨日はゆっくりと休んだお陰で足の痛みはほとんどなかった。
それでも気を使いながらゆっくりと歩いて行く。昨日の痛みが再発したら間ノ岳で引き返そう。
縦走はあきらめるしかないと思っていた。

暗闇の登山道には、所処に明かりが動いている。
既に何名も間ノ岳へ出発しているようだ。

地平線にまだ出てこない太陽の明かりが、うっすらと世界を照らし始めた。

1309北岳-4

振り返ると空が赤く焼け始め、北岳のシルエットが見えていた。

1309北岳-5

そして3000mの稜線から眺めたご来光。
縦走核心部を歩き通す1日が始まった。

1309北岳-25

 白峰三山縦走 DAY1 山行概要

日程    : 2013年09月21日 ~ 09月22日
メンバー  : 二人
行動時間  : 約6時間

【 DAY1  コースタイム 】
6:30 広河原山荘 – 8:00 二俣 – 11:30 北岳肩ノ小屋 – 12:30 北岳 – 14:00 北岳山荘(テント泊)

2日目へ 続きはこちら

この記事はどうでしたか? お気軽に感想をどうぞ!
  • 素晴らしい! (23)
  • 行ってみたい! (3)
  • 参考になった (2)
  • 懐かしい (1)
  • 読みました (0)

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT

*